かけ猫HPのヘッダ画像

学内miniかけねこ展レポート

IMAG0087

 

大変遅くなりましたが、

前回の更新から引き続き

私たちが自身の通う倉敷芸術科学大学内で

6月2日から13日の2週間行った「学内miniかけねこ展」

を取り上げていきます。

今回は学内miniかけねこ展の期間中に行ったワークショップをご紹介します

私たち(芸術学部かけねこサポーターズ)は期間中毎週水曜日にあたる6月4日と6月11日に

12時30分から約2時間にわたりそれぞれ違うワークショップを2日間計2回行いました。

単純に展示だけでは中だるみするだろうと思ったからです

 

では早速その2つのワークショップのお話をします

 

 

 

 

1つは6月4日に行った「似顔絵描き」です。

似顔絵描きはかけ猫活動の資金調達に一役買ってまして、

料金は1枚300円。。その結果 4日は12枚ほど似顔絵を作成しました。

 

 

1403619052280

 

そしてその似顔絵をかくは芸術学部の学生さんたちです!!

皆さん素敵な似顔絵を描いてくれます。

↑↑の写真からわかるように

ワークショップの時間帯はちょうど学生さんは講義中で

人は少なめです。そんな訳でのんびりと行いました。

 

 

続いて

二回目のワークショップのお話です

 

1403619030206

ワークショップ2度目となる6月11日には「缶バッチづくり」を行いました

内容は缶バッチの絵を三つ以上書いていただき

その中からおひとつ無料で缶バッチにして差し上げるというものです

そして私たちは引き換えにそのデザインを使います

去年から私たちは手作り缶バッチを作成し販売していおり、

2度目のワークショップはバッチのデザインを集めるためでもあります

その結果その後日の提出分を合わせると約40個ほどのデザインが集まってきました

 

1403618999537

このように缶バッチになりました

余談になりますが、これらは大学祭やかけねこ展または

それ以外はフリーマーケットで販売していきます

 

最後に

合計2回のワークショップを通じて

私たちのこのかけ猫活動というものは、自身の活動ではなく誰かの行為で支えられていることを

実感しました。日ごろからそれを意識してこれからも活動していきたいです。

 

 

 

以上学内ワークショップレポートでした