かけ猫HPのヘッダ画像

芸科祭でのかけ猫活動パート2!

今回はかけねこ活動芸術学部サポーターの久保田がお届けします。

引き続き10月の25日、26日に参加した第20回倉敷芸術科学大学の芸科祭のお話をします。

なぜ大学の大学祭のお話をするのか、それは今年の大学祭にはかけ猫活動を主に行うサークルと芸術学部のサポーターの二組それぞれで模擬店を出店したから!。

 

 

それでは芸科祭の活動報告をします。

私は芸術学部サポーターですので、芸術学部サポーター模擬店を取り上げてご紹介していきます。

以下の三つは模擬店風景です。こんな感じで手作りした猫グッズを販売していました。

2014芸科祭5モザイク加工

 

模擬店での目玉商品はこちら

デザインの学生(やはり猫好き)に制作していただいた2015年度カレンダーです。

1417136857199

このカレンダーは猫の関わる小説を題材にしており、大人っぽくシックでオシャレな仕上がりになっています。

 

 

グッズのほかにも学内の学生さんや教員の方々から寄付で集まった古着!。

2014芸科祭2モザイク加工

 

古着の寄付して頂いたの方々ご協力ありがとうございました。

これは26日の午後の時間を移した写真なんですが、元々の量から3分の1位になんです‥…。最終的に全て売り切ることはできませんでしたが、

中にはブランド品や新品が混じっていたり、さらには値段設定がとても良心的で物色して損はないお洋服たちでした。

 

 

2014芸科祭1

 

2014芸科祭4

 

ポストカード 箸置き 缶バッチ

または写真に写っていませんが、ストラップとしおりのセットやオリジナル手描きTシャツも売りました。

 

そしてこれらグッズの売り上げは、かけねこ活動の支金になります。

最後に

おかげさまでたくさんの資金を調達することができ、非常に喜ばしく思っています。改めましてこの度売り上げにご協力頂いた数多くの方々大変ありがとうございました。大学祭を機に一人でも多くの方に「かけねこ活動」の意識が広がれば幸いです。