かけ猫HPのヘッダ画像

2014年 1月

前回の報告に続きまして、展覧会のご報告をさせていただきます。

今回は期間中のイベントや二階の展示などを説明します。

11月9日から17日の期間中いくつかイベントも開催していました。

9日、10日には美術館内で倉敷芸術科学大学芸術学部学生が

アクリル絵具で100号の大きさのキャンバスに絵を描くライブペインティングというパフォーマンスをやっていました。

かけねこ展ということで、ネコをモチーフに描かれています。DSC00766

また10日には倉敷芸術科学大学生命動物学科の先生が自らフリートークといった形で来場者の方に活動現状や大学での猫の様子などを説明をしていました。

 

さらに16日には会場でも販売を行っていた缶バッチ作りのワークショップを行いました。

お客さんには、缶バッチのデザインを描いて頂きそれをそのまま機械に入れて完成!という流れです。

 

 

 

DS  DSC00771

猫ちゃんと一緒に階段を登っていくと・・・・・

 

 

 

DSC00773

2階です。

 

2階では本学のメディア映像学科の学生による写真展を行いました。

大学にいる猫ではなく「尾道の猫」というテーマでしたが、非常に可愛らしい猫の姿ばかりでした。

DSC00774

 

 

第二回かけねこ展報告はこれで終了です。何度も言いますが、ご来場頂いた皆様足を運んで頂き本当にありがとうございました。

 

 

2014年、私たちは倉敷芸術科学大学のサークル活動である”かけ猫活動”に一層力をいれていきます。今年も昨年と同様に大学内外の方へのかけ猫活動、野良猫問題についての広報活動を行っていこうと考えています。イベント開催する際には、情報を掲載いたしますので、興味がありましたら是非とも足を運んで下さい。

 

大変遅くなりましたが、昨年2013年の11月9日から11月17日まで倉敷の美観地区にある加計美術館で開催していた第二回かけねこ展についてのご報告させていただきます。ご来場してくださった方々へ改めて感謝申しあげます。

DSC00763

では早速展覧会報告をさせていただきます。

私たちは昨年の2013年11月9日から岡山県倉敷市の美観地区内にある加計美術館で「第2回かけねこ展」を開催しておりました。

結果から報告させて頂くと、

 来場者…………1841人(期間8日間)

 募金…………総額40537円

となりました!

ご来場して下さった皆様のお気持ちには本当に感謝しています。

DSC00764

 

加計美術館一階と二階のフロアで展示と販売を行っていました。

一階では作品展示やかけ猫活動の紹介のパネルを展示、募金箱の設置、かけ猫活動を紹介するスライドショーを会場一部の壁に投影していました。

DSC00765

DSC00767

さらに商品の販売も行い

手作りのねこ缶バッチや学生から募集したイラストや雑貨etc……という具合です。

中でも猫をモチーフにした備前焼箸置きが大人気で、会期三日目で全38個が完売いたしました。

この箸置きは本学の陶芸コースの学生に一から制作いただいてます。

そしてこのような商品売上の一部をかけ猫活動に寄付することになっています

DSC00766

 

DSC00768

↑ちなみに上の写真の左端には募金頂いた方への感謝のきもちとして差し上げていた手作りのしおりが映っています。

報告①は以上です

→報告②に続く